浄土平どうでしょう? 〜What a Wonderful Nature!〜

福島の吾妻山 浄土平の自然を愛し、遊ぶブログ

<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 蓬莱山 近景 | TOP | 小富士の展望 >>

2013.01.06 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | pookmark |
2008.09.30 Tuesday

秋の展望

五色沼
2008.9.29 9:46 一切経山頂から五色沼の展望

昨日の一切経山〜 鎌沼登山

この朝も浄土平の最低気温は0℃ 
出発時には6℃くらいでしたが、この気温でも急登を行動していれば寒いということはありません。

久々の登山だし、紅葉も楽しみで、久々にリードを外してもらった子犬のように (・・・そんなに可愛くはないがw)
のびのびと登っていった私であった。

涅槃坂
磐梯吾妻スカイライン・ねはん坂と福島市内の展望

鎌沼遠望
一切経山登山道から酸ヶ平、鎌沼の展望

ホシガラス
冬支度のホシガラス ・・・何をくわえてる?

一切経山頂からの下山中、浄土平方面から登ってくる団体さんが 「ワオ〜ッ、ヤ〜〜ッ」 などと奇声を発し、妙ににぎやかなのです。
意味不明だな、何なんだろ。 
と思いつつ、 すれ違う際にリーダーらしき方から言われたのが
「クマを見た。 あぶないから酸ヶ平のほうへ下りるのはやめなさい」 と。

なるほど、クマ除けのためにこの方たちは大声を発してたワケね、と納得。

しかし今日は 鎌沼を巡らずして帰るつもりはないし、クマがその辺にいると分かっている出遭いのチャンスをみすみす逃すなんてあり得ません。
ツキノワグマは積極的にヒトを襲うような性格ではないから、気をつけて歩けば恐れることはないのです。

予定どおり酸ヶ平避難小屋 経由、鎌沼へ――― (クマは現われず。)
 

鎌沼
姥ヶ原から鎌沼。

塩ノ川 紅葉・塩ノ川 (荒川源流)

今回はこの冬、スノーシュー用に買った新しい登山靴の馴らしを兼ねて。
10年以上履いている愛用のメレル登山靴は靴底がだいぶ擦り減ってしまい、まだ冬以外履いたことのないNEWブーツにて歩きました。
やはりメレルはすでに滑りやすくなっていたのか、NEWブーツはグリップが効きます。
疲労感という意味では、履きなれた靴のほうが楽ですけどねー。

もっとゆっくり歩き回りたいなと思いつつ、12時半ころ浄土平に下山。
2013.01.06 Sunday

スポンサーサイト


20:52 | - | - | - | pookmark |

コメント

こんばんは 
目の覚めるようなきれいな青の五色沼ですね!
福島盆地は水色で・・ 色づき始めた紅葉もとっても新鮮な感じですね!
こうして見ると 自然にはほんとうに色々な色がありますね〜
あさおさんは 子犬のように足取りも軽かったようですが、クマもやっぱり気分よく紅葉狩りでしょうか〜?!
2008/10/01 12:20 AM by ふわり
リードをはずしてもらった子犬のように・・・・実に的確な表現!!
10/6.7と兎平〜一切経〜明月荘(泊)〜谷地平〜兎平・・・・と歩く予定です。この写真で、期待に胸がバクバクです♪♪♪
2008/10/01 12:47 PM by うたソム
>ふわりさん
空気が澄んでいます♪
五色沼あたりの紅葉もこれからもっとはっきりしてくるでしょうね。
青、赤、黄そして緑、それぞれの対比とミックスされた景色は秋がいちばんですかね〜


>うたソムさん
“子犬”という例えが適当かどうか分かりませんが〜(笑
長丁場の登山ですね。
紅葉はまさにいいタイミングと思います! 好天をお祈りします!
2008/10/02 6:16 AM by あさお

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://joudo.jugem.jp/trackback/214

トラックバック

▲top