浄土平どうでしょう? 〜What a Wonderful Nature!〜

福島の吾妻山 浄土平の自然を愛し、遊ぶブログ

<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 福島の夜景 | TOP | 快晴、週末、浄土平 >>

2013.01.06 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | pookmark |
2008.10.17 Friday

ぬる湯登山道を行く

紅葉したクロマメノキ
2008.10.17 11:24 微温湯登山道の、紅葉したクロマメノキ

りんごの実くらいのクロマメノキがあったら、一粒で大満足でしょうね・・・
(注: 国立公園内では採って食べてはイケマセン。 動物たちのためにも残しておきましょう) 

2008.10.17map
本日の軌跡 ・・・微温湯温泉〜浄土平の手前を往復

10時前に ぬる湯温泉の登山口を出発。
降り積もった落葉を踏みしめつつ、落葉が雪のように舞い落ちるなかを登っていきます。
意外に、急登です汗  クマもふつうにいる所なので、いちおう用心しながら歩きました。


こんな道が続きますこんな道が続きます

登りはじめて、約1時間
初めて前方に 吾妻小富士が頭を覗かせました。 間近に見えるので迫力あり!

吾妻小富士

小富士のすそ野
小富士のすそ野を 右のほうへ廻りこみつつ、さらに登ります

黒豆の木と 一切経山
2008.10.17 11:08 クロマメノキと一切経山

展望のきかない潅木の登山道を抜けると、いよいよ前方に見慣れた景観が広がってきました〜

小富士〜一切経山
はい、今日はこの辺で引き返すことにします。

浄土平の手前400mくらいの所まで行きましたかねー 天気も良く、浄土平はそれなりに混雑していると予想されましたので、
「休みなのに来たの? 忙しいから手伝って」 などと言われるのがオチなので
・・・というか、浄土平からこの辺まではよく下りて来てますので、ここまで来ればもう十分。


微温湯登山道の森
微温湯登山道の森

帰りは 紅・黄葉を楽しみつつ、ときに自分撮りしたりしながら 気ままに下りました。
かつてはここも熱い溶岩流や 噴石の影響を受けた場所なのでしょうが、今は豊かな森が再生しています。

12:40ころ、微温湯登山口へ戻る。

2013.01.06 Sunday

スポンサーサイト


22:57 | - | - | - | pookmark |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://joudo.jugem.jp/trackback/232

トラックバック

▲top