浄土平どうでしょう? 〜What a Wonderful Nature!〜

福島の吾妻山 浄土平の自然を愛し、遊ぶブログ

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 違ったアングル | TOP | 25年ぶりの噴気 >>

2013.01.06 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | pookmark |
2008.11.11 Tuesday

これぞ活火山

一切経山の噴気
2008.11.11 12:08 一切経山の噴気

11時過ぎ、何気なく見上げた一切経の中腹。。。
ふだん噴煙など何もない場所から、真っ白い噴気が立ち上る光景に エエッ?! と驚きました。

岩肌からナニモノかが湧き出すように、勢いよく上昇していきます。 その高さ 約300m


噴出する噴気2008.11.11 12:15 噴出する噴気

↑左手の小さい噴気が、いつも上がっている かすかな蒸気 (高さ30m程度)


噴気口13:27 噴気口のアップ

浄土平湿原と一切経の噴気14:47 浄土平湿原と一切経山の噴気

昭和52年の前回の小噴火以来と思われる、活発な活動の始まり (しかも第一発見者として?) に遭遇したことにも興奮しました。
しかし、観測データ上はとくに変化がなく、すぐに噴火することはないとの専門家の見解ですから、一切経山にしてみれば、
いつもよりちょっと大きめの屁をこいてみました・・・程度のパフォーマンスのつもりなのかも?

ですが、とりあえず一切経山の登山道は現在、立入禁止です。 → こちらをご覧ください

噴気の噴出は、数日でおさまる程度のものではないと思われますが、
磐梯吾妻スカイラインの営業があと5日で終わりですから、間近に見るチャンスはあとわずか、かもしれません。
もちろん、今後の火山活動の展開はどうなるか分かりませんがー

いつもは大人しい活火山のふりをしていますが、秘めたパワーは計り知れません。
私自身、ナマで間近に見るのは今回が初めてなので、推移を見守りたいと思います。

2013.01.06 Sunday

スポンサーサイト


23:11 | - | - | - | pookmark |

コメント

やっぱり 火山なんですね。詩人 長田弘が「東北の火山のふもと」に住んでいたという表現のとおり。
あまり意識してなかったので 再認識です。
2008/11/12 12:36 AM by てんこ
屁の突っ張りにもなりません!というべきですか?

いやぁ、さっき発見してびっくりしました!
行きたくなっちゃいましたよ!

動画も久しぶりの声が聞こえて面白かったですよ!
噴火しないまでも、水蒸気爆発とかの心配はないんですかね?
また動向を知らせてくださいね!
2008/11/12 2:25 AM by さかな
てんこさん
吾妻山が危険な火山というイメージはふだんないですよね。
今回も、たぶん大きな噴火には至らず、この冬の間にほぼ収束・・・というパターンではと思っていますが〜
2008/11/12 6:06 AM by あさお
さかな君のオナラガスより強力か〜?!!
噴気口付近では致死量の火山性ガスが出てる可能性もあるからね。
浄土平にいる人たちは間近なので、大丈夫なの〜?とビビッてますよ。もうすぐシーズン終わりだけど。

さかな君なら動画の声の主や会話の内容が分かるかな(笑
2008/11/12 6:11 AM by あさお
あさおさんが第一発見者だったんですね!!
毎日近くで見守っているんですもの、そういわれりゃそうですよね〜〜☆
「火の国・ニッポン」再認識!!
2008/11/13 12:22 PM by うたソム
>うたソムさん
シーズン終了間際に、こんなビッグイベントが待ち構えていたとは思いませんでしたよ〜

第一、だったかどうかは確認のしようもないのではっきりとは言えませんが、私が発見→ すぐさま気象台に通報して、すべての騒動の始まりになったのは確かですね。
いつも見ていなければ“異常”“ふだんと違う”とは気が付かないかも知れないしー
2008/11/13 9:19 PM by あさお

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://joudo.jugem.jp/trackback/251

トラックバック

▲top