浄土平どうでしょう? 〜What a Wonderful Nature!〜

福島の吾妻山 浄土平の自然を愛し、遊ぶブログ

<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 震災お見舞い | TOP | 星宿 >>

2013.01.06 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | pookmark |
2011.04.10 Sunday

家路

家路
2011.4.10 5:54 ウサギと鴨の吾妻山

春めいて、家路を急ぐ鴨 3羽・・・? だとすると、朝帰りになってしまいますが〜
私も福島への家路についたのは80日ぶり。 震災後は初めての帰宅。

遠くにいてよく知らない人は、福島というだけで浜通りも中通りも会津も同じように見ていたりします。
もちろん空も陸地もつながってはいますが、地域性があって同一ではない。
この山の向こうは会津地方。 少し北へ向かえば山形県。

震災やそれにまつわる原発事故への見方も、東京人や関東以西からの福島への目線と
同じ福島県内であっても、原発周辺地域と、福島市など中通りとではまったく状況が違うのです。
福島というだけでどこも危険だというような大雑把な見方をするならば、東京も同じく危険です。

かくいう私も、物事を大雑把にしか捉えない人なので
福島が危険だとは思わないし、東京が安全だとも思いません。 危険度はどこも同じようなものです。
狭い日本、 明日はわが身というイメージをいつも持っておいたほうがいいと思います。

今も いつもの家路につけない人がいます。 心を共に、安心できる家路をめざしていきましょう。


2013.01.06 Sunday

スポンサーサイト


23:14 | - | - | - | pookmark |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://joudo.jugem.jp/trackback/375

トラックバック

▲top