浄土平どうでしょう? 〜What a Wonderful Nature!〜

福島の吾妻山 浄土平の自然を愛し、遊ぶブログ

<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 病み上がりに−3℃ | TOP | オケヌマ・ブルー >>

2013.01.06 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | pookmark |
2008.04.29 Tuesday

去りゆく兎と 梨の花

吾妻小富士の雪うさぎ昭和の日、 旧・みどりの日。

山ろくの芽吹きとともに、吾妻山の「雪うさぎ」は姿を消しつつあります。

毎年この時期になると、元気のよかったころの「雪うさぎ」の姿を思い出し
アップで撮影するのが申し訳ないような気分になるのです。。。

ナシの花

次の写真は 梨の花を前景に、思いっきりぼかして撮ったから安心してくれ!!

2013.01.06 Sunday

スポンサーサイト


21:18 | - | - | - | pookmark |

コメント

はじめまして。いつも、きれいな写真を楽しみに拝見しています。
融けていく雪うさぎを取り続けていくのが申し訳ないのですね。なんだか、気持ちわかります。「思いっきりぼかして撮ったから安心してくれ!!」って、親身すぎて笑っちゃいました (=^・^=)(ゴメンナサイ)
そう思えるくらい、雪うさぎは、この季節の身近な存在なんですねo(〃^▽^〃)o
2008/04/29 11:12 PM by うたソム
うたソムさん、はじめまして。

この時期になると「ウサギに見えない」とか「ネズミみたい」とかイロイロ言われますからね。
だんだん小さく消えていく様子は哀れを感じますよ・・・
2008/04/30 9:02 PM by あさお

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://joudo.jugem.jp/trackback/83

トラックバック

▲top